ノマドワーカーという生き方 立花岳志 ~場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣 [書評と実践]

人生は短いし、二度目の人生などない。
僕も自分のやりたい事だけを、好きなだけ時間を使って楽しみたい。

でもそんなふうに生きている人は果たして何人いるのだろうか??

みんな我慢して生きているのだと思っています。

だけどみんな自分の人生を生きたいと強く強く思っているはずです。

僕も同じように強く思っています。

ノマドワーカーという言葉に強く惹かれて本書を読みましたので、思った事を書いてみました。

まず感謝したい。

まず初めに、本書を購入したのはほぼ4年ほど前になるかと思います。
立花さんをどういう経緯で知ったのかは覚えていないですが、おそらく本書がきっかけだったと思います。

今、私は立花さんの「立花Be・ブログ・ブランディング塾 初級コース」に参加してブログについて教えて頂いています。

本書の内容を読めば分かると思いますが、立花さんが書くことが好きだったことを差し引いても大変な努力をされて今の状態になっていると思います。

莫大な失敗や成功の経験を教えて頂けるという事は、計り知れない時間の短縮と、成功(何をもって成功とするかは人それぞれ)への近道ができると思います。

色々な考えがあるにせよそのような事を教えて頂けることに感謝を申し上げたいと思います。

立花さんありがとう!

追及するということ

ブログをとおして生計を立てれるようになるまでには戦略も必要だと思います。

しかし本書を読んで僕が大切だと感じたのは「追及すること」そして「ブログを書き続けること」だと思います。

本書に書かれている

  • iPhoneを始めとしたapple製品について
  • デジタル・セルフマネジメントについて

上記は立花さんが試してみたことが色々と説明されていますが、どれも追及し深堀をした結果として分かった事や自身のスタイルに応用した事などが書かれています。

このように追及して書いた内容なので読んでいても面白いし、何より同じように困っている人の解決策になると思います。

誰かのお困りごとに答える内容だからこそ、読みたくなるしありがたいブログとして人気が出るのだと思います。

やってみること、追及すること

大切だと思います。

まねできること、まねできないこと

本書の中には同じように自分のブログを人気ブログにしたいと思う方には参考になる情報がたくさん書いてあると思います。

その中でも「まねできること、まねできないこと」があると思いました。

例えば、まねできることは、

  • 毎日ブログを更新する(内容は薄くても始めはとにかくブログを更新する頻度を高める)
  • SNSを使ってブログで書いた情報を発信する
  • リアルなつながりを大切にする

などがあると思います。
同じことを行って全く同じような結果になるかは分かりませんが、テクニックとして同じようにまねできると思います。

ただ、まねできないこともあります。

  • 経験したことを書くこと

立花さんと同じことを経験してみる事は出来るかもしれませんがその中で感じたこと、得れる結果は同じようにはならないと思います。

なので、まねできないことであるからこそ、経験して深堀して自分の言葉で書くことが大変重要になってくると思います。

まとめ

本書は立花さんがどのような事をやってきて、今のプロブロガーとして活躍されるようになったかまでを書いてあります。

色々な戦略やテクニックなどはあるかと思いますが、やはり重要なのは、

  • 自分で経験して追及して深堀すること
  • ブログを書き続けたこと
  • とにかくたくさん書くこと
  • やりたいこと、会いたい人などの目標を自分のなかで持つこと

これが土台となっているなと感じました。

とても希望がもらえるし、参考になりました。
僕もブログを書き続けようと思います!!

The following two tabs change content below.
ヤマミチ ヒロタカ

ヤマミチ ヒロタカ

サラリーマンからの卒業を夢見て、日々「やってみる」をモットーに活動中のブロガーです。詳しくはこちらをご覧ください。