パパの読み聞かせ:「カエルと王かん」

4冊目の読み聞かせは「カエルと王かん」です。

カエルの絵本ばかりです。。。

王かんを見つけて大様になるカエル。

しかし次々と見つかる王かん。みーんなが王様になってしまつた。その結末は?

みんなが王様じゃ面白くない!

ある日、カエルが王かんを見つけ池の王様になってしまいます。
周りのカエルに命令してご飯をつくらせたりします。

カエルと王かん

ところが、王かんが次々に見つかって周りのカエルもみーんな王様になってしまいました。
最後にはみんな王様をやめてしまうのですが、自然に自由に楽しく過ごす方が楽しかったみたいです。

大人目線ですが、

  • だんだんカエルが可愛く思えてくる(カエルの絵本が多いのでw)
  • みーんなが王様になると何も出来なくなるんだと分かる。
  • 王様になって周りに命令して何もしないより、自由で楽しく過ごす方が良いのは人間も同じかな?

そんな絵本でした。

子供たちの感想は?

「王様かっこいい!」
「カエルさん可愛い!」

子供には絵本から何が伝わるのか少し分かりづらい部分もありましtが、絵も可愛くて楽しめる絵本でした。

今後も時間があるときに続けて行きたいと思います!

The following two tabs change content below.
ヤマミチ ヒロタカ

ヤマミチ ヒロタカ

サラリーマンからの卒業を夢見て、日々「やってみる」をモットーに活動中のブロガーです。詳しくはこちらをご覧ください。